FC2ブログ

院長と愉快な仲間たち

治療院のマスコット、なんちゃってネザーの姫&殿、オカメインコのマメそして院長との楽しい日常です。

私のおばちゃんは…。 又は、垢すりのすすめ

皆様、お久しぶりです 代理更新 Yでございます。


インチョがくれた
お休みとお餞別のお陰で、心も体も リフレッシュ@韓国

そんな私から、初体験レポをお届けしたいと思います。



最初に謝っちゃうけど

とぉ~っても長い上に

撮った写真はすべて上野の呪いの為ブレブレなので、今回も完全ラヂオ放送です。

また、実際想像すると、とぉ~っても気分が悪くなるので、繊細な方は読まないで下さ~い。




韓国と言えば 垢すり ですよねぇ~。

観光にはみぢんも興味の無い、もうすぐ50歳女3人旅…

やらないわけにはいきません。

メニューも支払いも意志の疎通も、何ら日本と変わらない~そんな施設へ 


レッツラゴー!


メ~インエ~ベントの前に

皮膚をふやかす為か、ほれこっちのサウナ やれこっちの湯船 と

綺麗なおねいさんに案内され、彼女の指示に従います。



このおねぇさん

おぱちんこ屋さんのホールの制服にそっくりな格好をしています。



勿論こちとら すっぱだか。



そのくせ ピンクのシャワーキャップ だけは装着されていて

まるで何かのプレイの様です。



体も温まった頃 大御所の登場 です。


完全自前の、少し疲れた ブラとおぱんし姿 (セットぢゃありません)

のおばちゃんず3人が、こちらに向かって笑顔で手招きしてきます。



先程の、ホール制服に比べ 

ややコチラ寄りになってるな~の安心感 

と共に

まっぱーず3人は、各々のベッドに、仰向けに横たわります。



ここで、初めて、HI部に、あたたか~いタオルが掛けられました。


これはこれで、妙な気分(笑)

でも、スッポンポンよりは、ましです。



初めてか? とか あたしは昔、赤坂で働いていた とか 会話が弾む中

右太ももにおばちゃんの手が伸びたのと同時に


大切な大切なタオル


が剥ぎ取られてしまいました。




掛けてもらってから、わずか3分後の出来事です。


まぁ、スル方からすれば 邪魔 よね…と自分を納得させるしかありません。



ところで、このおばちゃん、実は、相当なテクニシャンです。


私の腕も足もお胸ちゃんまでも、既に私のモノではなく、おばちゃんの意のままに

動かされ~の、引っ張られ~の、関節取られ~の…


でも全てが自然なの。



筋肉に添って、痛いほどではないけれど力強いストロークが

リズミカルに続きます。


まっぱなのも忘れさせるような 勢いです。


夢心地になりかけの私に ”はい、横になって” と

おばちゃんの声が掛かります。




連れの友人二人のベッドが見える方向に顔を移した・・・


私の目に飛び込んできた・・・


オレンジ色の物体・・・





そう

それは 友らのHI部を隠しているタオル です…



なんでっ??



その後も、ずっと私の体にタオルが乗せられることはありませんでした。
(嘘。 一度だけ乗せてくれました 笑)




後に友人から聞いた話では

HI部タオルが冷め始めた頃を見計らい

暖かいタオルと交換してくれるという

親身なサービスが6~7回は行われたそうです。


友人談: あそこが暖かいと人間の体って冷えないもんなんだねー

私の体は、冷えっぱなしだーい!(笑)



そうこうするうちに、スリ作業も終盤に差し掛かります。


首の辺りを、うろうろスッテいるおばちゃんの2本の手


チョイチョイ顔に回ってきます。


あごのカーブを撫でたり、スキをみてはデコまで攻めてきます。


う~ん? これ、さっき足の裏とかも遣ったグローブのままなんぢゃね?
ちょっとイヤン…でも、まっ、いっか。



顔をスル 力加減 は 身体の時よりずっとソフトで

おばちゃんの力量が窺えます。






後に、友人はこう言いました。

” Yさぁ~  顔も遣られてなかったぁ~?”


えっ? ドユコト?? 


みんな遣られたんぢゃないの?


”遣らなかったよぉ~顔は” 

”あたしも~”




…私の面の皮が、余程厚かった。


…きっとそういう事でしょう。




垢すり終了後は、オイルで全身マッサージ。



もうこの段階では

私の体は、パーツではなく 

WHOLE BODY おばちゃんのモノです。



おばちゃんは

私のウエストの辺りを、うまいことして

表裏をひっくりかえすやら


えっ?裸のままお嬢様抱っこされちゃう訳?的姿勢にしたかと思えば

お尻を支点に上下を返す 等の


大技を炸裂 します。



富士急ハイランド のドドンパ並のスリルです。

(乗った事、ないですけど)



その後、牛乳を全身に振りかけて、より保湿され~の

お顔のパック され~の


人生50年で一番心地よかったシャンプー 

受け~ので


おばちゃん全コースは終了です。




さぁ、私のおばちゃんとのさよならが近いです。



シャワーを掛けてくれながら


”また韓国にいらしたら、是非来てくださいね”


”うん、絶対来るよー

そしておばちゃんを指名するよー”



と心の中で叫びつつ


ハイと答え、私とおばちゃんは握手しました。




再び、ホール嬢にいざなわれ、サウナ室へ。


垢すりベッドの方を振り返るとそこには

こちらを向いてニコニコ顔でシャワーを浴びる


全裸のおばちゃんずが居たのでした。



そうかーーーっ。

そういうことかーーーっ。

解ったよーーーあたしのおばちゃーーん!


何が解ったのかは 謎 笑



まっぱーずの3体は、もうどこもかしこも つぅるんつぅるん


各々の、あたしのおばちゃん自慢で

深夜まで盛り上がった事は、いうまでもありません。



女が出来上がる以前からの友人は、気心が知れていて

いいもんです。



ありがとーーー! 

あたしのおばちゃん!



あなたは垢すり界の 異端児 だー!!

ホントか???笑



きっと、垢すりに慣れていらっしゃる方からすると、当たり前の話ばっかりなのに

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。


あなたのおばちゃんがいらっしゃる方、自慢コメントお待ちしています
(そんな人いるかっ?!)



でもね、おばちゃんのお名前うかがってないのよ…それぢゃダメぢゃん!クリーック!

      バナー3            バナー4
スポンサーサイト



  1. 2010/02/13(土) 00:16:34|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:20